こいのぼりの歴史

こいのぼり。

これは古くからの日本の風習で、江戸時代に始まりました。

こいのぼりという名前の通り、「のぼり(幟)」のひとつです。

こいのぼりというと、端午の節句ですが、現在は5月5日と決まっていますね。

しかし、この端午の節句はもともとは奈良時代から行われている行事で、その時代は5月5日という日ではなく、「5月の初めの午の日(うまの日)」という設定でした。

まだこいのぼりを揚げる習慣はなく、厄除けを意味する大切な日であったのです。

宮廷では、様々な場所に菖蒲を飾ったり、柱に提げたりしました。

江戸時代になってから、武家や庶民の間で「こいのぼり」が生まれました。

男の子が生まれた家が、将来への希望を込めて鯉型ののぼりを揚げるというのは現在と同じですね。

しかしこの時代のこいのぼりは、和紙で作ったものが一般的でした。

これでは雨が降った時に濡れてしまいますので、大正時代には面素材のこいのぼりが作られました。

昭和30年代になって、いまのような合成繊維のものになり、雨にぬれても色落ちがせず耐久性のあるこいのぼりが生まれたのです。

しかしながら、このような伝統のあるこいのぼりも、都市部ではほとんど見かけることがなくなりましたね。

郊外にいくとその土地に伝わる特徴的なこいのぼりを楽しむことができます。