のぼりって何?

皆さんは「のぼり」というものをご存知ですか?聞いたことはある、と言う人や、「つまりは旗のことでしょ?」という人もいるかもしれません。

のぼりとは、漢字で書くと「幟」となります。

のぼりは、「旗」といってしまえばそれまでですが、実は「武士」に深い関わりがあります。

平安時代、のぼりは軍を誇示するための旗として、また敵軍と区別するために丈が長く風にたなびく旗を掲げていたことが始まりです。

しかしこの時はのぼりというより通常の旗の形式でした。

室町時代になって、今知られるような長辺と上辺に竿を通した形の、いわゆる「のぼり」という形になったのです。

それにより、より分かりやすく軍の誇示に一役買うようになったというわけです。

そしてこのころからのぼりが全国へと広がり「軍旗」として正式な形となりました。

このような軍で用いる旗の素材は絹で、寸法は高さが3.6メートル(一丈二尺)、横幅が75センチ(二幅)が一般的でしたが、中には正方形の物や、縦と横の比率が3対2になっているものも定型とされていました。

しかし、流行によっていろいろな形状が生まれたり、その家によってきまった形が継承されるなど、様々な事情があったようです。